当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
同意しました
本サイトではWebサイトのエクスペリエンスを向上させるために、Cookieを使用しています。Cookieはブラウザの設定から無効にできます。詳細はこちらから

Document

ドキュメント

生成されたクラスの操作

最終更新日:

このページはチュートリアルの一部であり、最初から最後まで順番に実行する必要があります。最初のページに移動します:Xperienceのインターフェース

チュートリアル Web サイトの開発で、ページタイプの生成された Item ラッパークラス(Home.generated.cs や MedicalCenter.generated.cs など)を使用するには、Xperience プロジェクトから MEDIOClinic MVC アプリケーションにコピーする必要があります。

  1. Xperienceプロジェクトファイルで生成したクラスを見つけます。

    デフォルトでは、クラスのファイルは〜\ CMS \ Old_App_Code \ CMSClasses \ Pages \ MEDIOフォルダーに保存されます。

    例えば、C:\ inetpub \ wwwroot \ Xperience13 \ CMS \ Old_App_Code \ CMSClasses \ Pages \ MEDIOのようになります。

  2. Windows ExplorerなどでMEDIOClinicプロジェクトフォルダを開き、Modelsフォルダの下に新しいGeneratedフォルダを作成します (例: C:inetpub\wwwrootXperience13MEDIOClinicModelsGenerated)。

  3. ページタイプを表すクラスをGeneratedフォルダにコピーします。

  4. Visual StudioでMEDIOClinicソリューションを開き、MEDIOClinicプロジェクトを選択します。

  5. Show all filesボタンをクリックして、ソリューションにコピーしたファイルを表示します。
    Displaying files not included in the project

  6. Models/Generatedフォルダーを選択し、右クリックしてコンテキストメニューを開き、[プロジェクトに含める]を選択します。
    Including external files

  7. ソリューションをリビルドします。

ページタイプのために生成されたクラスがMEDIOClinicアプリケーションに追加されました。これにより、ページデータを強力に型付けされた方法で操作できるようになります。

前のページ: サイトへのページの追加 次のページ: Webサイトのレイアウトの作成

完成したページ: 10の6