当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
同意しました
本サイトではWebサイトのエクスペリエンスを向上させるために、Cookieを使用しています。Cookieはブラウザの設定から無効にできます。詳細はこちらから

Blog

ブログ

専門家に聞いて戻ってきました!Xperienceを話そう

By Ryan Overton  

1か月ほど前、 ケンティコ・エクペリエンス・コネクション、Xperience MVP のグループが集まって、同僚やクライアントから得られた質問について話し合うQ&Aパネルがありました。彼らはこのパネルの間にとても楽しい時間を過ごしたので、彼らは🙂もう一度それをしたいと思いました。そこで、私たちは「専門家に尋ねる」ショーを取り戻すことにしました。


12月1日火曜日、 私たちはXperience YouTubeチャンネルでショーのソフトリニューアルを行いました。Q&Aパネルと比較すると、フォーマットは少し変わりました。テーブルの周りを回って、各MVPに質問に対する考えを与えるのではなく、私たちはそれをより会話的にし、共有するものがあるときに一人一人が話すようにしました。

その上、チャットルームからの質問も取り上げました。これは、任意の質問が Xperienceを使用して、一日中、一日中、トレンチにいるグループによって直接答えを得るための優れた方法です。

このエピソードでは、3人のMVP、ジェローン・ファースト、ショーン・G・ライト、トレバー・ファヤスが参加し、いくつかのトピックについて議論しました。

  • 接続のリフレクション 2020
  • ASP.NETコア MVC vs. ASP.NET MVC 5
  • 再利用可能なウィジェットとコードの .NET Core
  • Azure Web アプリや Azure VM でのデプロイとホスティング
  • KX13に欠けているものは何ですか?


以下のビデオを見るか、要約をお読みください。

https://youtu.be/GrNGrjCy4Zs

接続のリフレクション 2020

最初に説明したトピックでは、年次 Xperience 接続会議について説明しました。この会議は3つの異なる地域で年に3回行われ、今年も例外ではありませんでした。

しかし、今回は事実上開催されました(そして誰にとっても無料)。これは、会議チケット、旅行、宿泊など、より多くの追加費用を考慮する必要がある対人イベントとは対照的に、より多くの出席者が参加する絶好の機会を提供しました。

カンファレンスでは、.NET Core、Xperience プラットフォームの方向性と将来について、良い会話を行い、プラットフォームを設計したアーキテクトの頭脳を選ぶ機会がありました。

バーチャルは私たちが集まるのを許しますが、対人接続とたむろ、チャット、接続する機会はまだ逃していました。それにもかかわらず、仮想と対人の両方のハイブリッドオプションは、将来の接続のために魅力的に聞こえます。

ASP.NETコア MVC vs. ASP.NET MVC 5

次に、core MVC と ASP.NET MVC 5 ASP.NETのトピックに移ります。Xperience 13 のリリースにより、Xperience プラットフォームの推奨開発モデルである ASP.NET Core MVC でフロントエンド Web サイトを開発する機能を導入しました。

MVPによると、それらの間には多くの類似点があるようです。しかし、ループをスローする明確な違いがあります。

議論の中で強調された相違点の 1 つは、ASP.NETのコア MVC でのタグ ヘルパーの導入でした。マークアップを少し簡潔にし、HTML を引き継ぐのではなく、さらに強化します。Sean が指摘したように、この概念は、ASP.NET Core が他のフレームワークの開発者が既に使用している傾向に従っていることを示しており、どちらか一方の方法で傾くことを強制していないことを示しています。

Trevor を興奮させたもう一つの違いは、ASP.NETコアの Razor コントロール ライブラリです。MVC 5 では、彼は NuGet パッケージにウィジェットをエクスポートする作業と労力の膨大な量を通過する必要がありました。しかし、ASP.NET Core 内では、このプロセスは大幅に合理化され、簡素化されています。

残念ながら、ASP.NET Core 内では、出力キャッシュは使用できなくなります。しかし、それはXperience開発チームのレーダー上のものです。彼らは、今後のリフレッシュの1つで、この問題の解決策を提供したいと考えています。

いくつかの慣れる必要がある他のいくつかの違いは、ViewComponent と、ASP.NET Core MVC 内の新しいスタートアップと構成プロセスに切り替えること、およびミドルウェアが HTTP 要求パイプラインと対話する方法です。

ASP.NETコアはしばらくの間リリースされていますが、それはまだXperienceに新しいです。ですから、私たちは皆、この分野で学ぶことがたくさんあります。それにもかかわらず、MVPはXperienceコミュニティがXperienceプラットフォーム内の開発を強化するために何を生み出すのかを見て興奮しています。

再利用可能なウィジェットとコードの .NET Core

1 つの Kentico (Xperience) インスタンス内の複数のサイトで使用できる再利用可能なウィジェットとコードに対して、.NET Core はどのような利点を提供しますか。MVPにとってエキサイティングな質問でした! 主に、ロジックが組み込まれた各サイトで 1 つの大規模なコード ベースを使用し、特定のドメインに対して異なるウィジェットを提供するポータル エンジンでの処理方法が原因でした。

ASP.NET Core MVC 開発では、複数のフロントエンドが 1 つのバックエンドを指すことができます。これにより、異なるウィジェットを作成し、それらを必要とするサイトにのみインストールし、サイト間で共有するウィジェットを作成することができます。

また、Seanによって指摘され、Trevorが同意した場合、サイト間でウィジェットを共有することはできますが、ほとんどの場合、これらのウィジェットはサイト固有のものですが、ブートストラップレイアウトウィジェットやテキストエディタなど、いくつかの例外があります。

Azure Web アプリや Azure VM でのデプロイとホスティング

展開とホスティングに移り、ASP.NET Core が Windows 環境で実行される制約を受けなくなった方法について説明しました。これらのサイトを Linux に展開することも可能で、ビジネスの観点からは大幅に経費を削減できます。

また、環境間でサイトのデプロイとテストを自動化する方法として Azure DevOps を使用し、新しいバージョンのサイトをデプロイする際に潜在的なダウンタイムを排除するためにデプロイ スロットを使用する方法についても説明しました。

デプロイ スロットを使用する場合、MVP によっていくつかの問題が指摘されました。たとえば、リソース グループ上のリソースの共有 (リソースを消費する Web サイトでリソース不足が発生する可能性があります) と、変更や新機能が原因でアプリ設定の変更が発生します。特定の設定をスロットに割り当てる機能(接続文字列など)は、サイトが常に正しい外部システムに当たっていることを保証する機能も言及する価値があります。

KX13に欠けているものは何ですか?

私たちの最後のトピックは、私たちがXperience 13から欠落していると信じているものに触れました。

先に述べたように、Trevor は、Xperience を次のレベルに押し上げる上で、強固なキャッシュ戦略が不可欠であると考えています。

ショーンは、.NET 5 のサポートが Xperience 13 に持ち込まれるのを見たいと思っています。.NET Core 3.1 をスキップして、.NET 5 を対象とした新しい内部ライブラリをすべて構築したいと考えています。佐々さんも見当たって見ているのは、.NET Core を効率的に扱う一括エクスペリエンスです。Kenticoの生涯にわたって構築されたWebフォームには多くの知識、トリック、ソリューションがありますが、XperienceでコアMVC ASP.NET利用することはまだ初期段階にあります。

Jeroenは、Webファームをキャッシュ破壊メカニズムとして使用するのを止めるために、セッション状態を処理するためにWebファームを使用するスマートな代替手段を見たいと熱望しています。

他にもいくつかの小さな問題が指摘されましたが、開発チームはすでに積極的に取り組んでいます。彼らは今後のリフレッシュの一部で解決しようとしています

ラップアップ

みんな本当にショーに参加して楽しんで、それらを続けたいと思います!だから、それは将来の計画です!

一方、Xperienceの最新バージョンを ダウンロード して、自分でそれを試してみてください!また 、Xperience YouTube チャンネル開発者ニュースレター を購読して、最新の Xperience のテクニカル ニュースやイベント (専門家に聞く) を最新の状態に保つのも忘れないでください。