当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

Document

ドキュメント

1-1-5. ガイドラインを使用して、コンテンツの制作を明確かつシンプルにする

最終更新日:

ガイドラインとは、コンテンツ制作者に役立つ説明書のことです。ガイドラインを使用することで、コンテンツ制作者に組織的な情報や、一般的な作業に役立つチュートリアルのような手順を提供することができます。例えば、作成したコンテンツを誰がレビューするのか、コンテンツアイテムにどのようにタクソノミーのタグを付けるのかなどをクリエイターに伝えることができます。また、記事を書く際に使用するスタイル、トーン、ボイスについて注意を促したり、画像を正しく挿入する方法や、記事にツイートやビデオを追加する方法を教えたりすることもできます。

目次

  • 適切なガイドラインは質問を減らすことにつながります

  • コンテンツ作成者が各要素を理解できるようにする

  • アドバイス

Kontentには2種類のガイドラインがあります。コンテンツタイプを作成する際に、ガイドラインを専用のガイドライン要素に入れるか、個々の要素のガイドラインフィールドを使用することができます。専用のガイドライン要素は、フォーマットされたテキスト、リスト、画像、リンクを含むことができるため、複雑な指示に適しています。 一方、他の要素のguidelineフィールドは、特定の要素に特有の何かを指摘したい場合に便利です。例えば、その目的や、何を含めるべきかについてのアドバイスなどです。

ガイドラインは純粋に内部的なものです。アプリやWebサイトのユーザーは誰も見ることができず、Kontentでプロジェクトにアクセスできる人だけが見ることができます。

適切なガイドラインは質問を減らすことにつながります

適切なガイドラインは質問の数を減らす 記事などのコンテンツタイプを作成する際、ガイドライン要素を使用して、コンテンツ制作者が制作プロセスをスムーズに進めるのに役立つさまざまな種類の情報を含めることができます。例えば、コンテンツのレビュー担当者に、コンテンツの作成が終わったら、法的な審査を受ける必要があることを伝えることができます。また、会社の組織図の画像を挿入することで、リーガルレビューに適した担当者が誰なのかを簡単に知ることができます。

よく考えられたガイドラインは、通常のコンテンツ制作者だけでなく、新しくチームに加わった人や、雇ったフリーランサーにも役立ちます。重要な情報がすべてガイドラインに記載されていれば、細かいことを聞きに来る必要もなく、すぐに書き始めることができます。

ガイドライン要素を使ってガイドラインを作成するには、以下の手順で行います。

  1. アプリメニューのContent modelsをクリックします。

  2. ガイドラインを作成したいコンテンツタイプを開きます。

  3. 右側のサイドバーにあるGuidelinesをクリックします。

  4. 追加したガイドライン要素に指示を書き込みます。

    テキストを整形し、見出し、リンク、表、画像を挿入することができます。

  5. 画面上部のSave changesをクリックします。

guidelines-element-in-content-type.png

画像とリンクを使用する

作成中のアプリで、ツイートや動画など、より複雑な種類のコンテンツを使用する場合は、クリエイターに少し手伝ってもらうといいでしょう。このようなコンテンツを追加するための手順をまとめておきましょう。正しいボタンがどこにあるかを示すスクリーンショットを追加したり、詳細を説明する関連ページをリンクしたりします。例えば、Kontentドキュメントのチュートリアルをリンクすることができます。

要素をタイプ別に整理する

コンテンツタイプが複雑で、目的の異なる多くの要素を含んでいる場合、コンテンツ制作者は簡単に迷子になってしまいます。これを避けるためには、目的別のコンテンツグループに要素を整理し、さらにグループ内のガイドラインを使って要素を分けるのが良い方法です。例えば、コンテンツ用の要素とメタデータ用の要素がある場合、それらを2つのコンテンツグループに分けます。そして、ガイドラインを使って、それぞれのグループの要素をセクションに分けます。メタデータグループでは、ガイドラインを使って、SEO用のメタデータ、Eコマース用のメタデータ、ソーシャルネットワーク用のメタデータなど、機能別に要素を分けることができます。各セクションには明確な説明を加え、なぜそのセクションが存在するのか、何を期待しているのかを全員が理解できるようにします。

guidelines-element-in-content-item.png

コンテンツ制作者の各要素の理解を助ける

コンテンツやサポート要素のガイドラインは、コンテンツ制作者がその要素をより効率的に使用するためのものです。このガイドラインを使って、各要素の目的や、要素に課した制限、避けるべき一般的な間違いなどを伝えます。

要素内のガイドラインは、何のフォーマットもできない単純なテキストです。そのため、指示は短くシンプルにします。何かのトピックについて詳しく説明する必要がある場合は、ガイドラインの要素に書いてください。こうすることで、一般的な複雑な指示と、より具体的な指示を分けることができ、コンテンツ制作者がすべての情報の中で迷うことがなくなります。

ガイドラインを要素に挿入するには

  1. アプリメニューのContent modelsをクリックします。

  2. ガイドラインを作成したいコンテンツタイプを開きます。

  3. ガイドラインを追加したい要素の下部で、Write optional guidelines for this elementというヒントが表示されたテキストフィールドをクリックします。

  4. ガイドラインを入力します。

  5. 画面上部のSave changesをクリックします。

guidelines-for-rich-text-in-content-type.png

画像コンテンツタイプのガイドライン

画像のコンテンツタイプでガイドラインを使用すると、ガイドラインがどのように役立つかを見てみましょう。Kontentのリッチテキストエディタに画像を直接挿入できますが、画像のキャプションと代替テキストを含めることができる画像のコンテンツタイプを作成すると便利な場合があります。

代替テキストのテキストフィールドには、画像の内容を説明するように作成者に指示するガイドラインがあります。キャプションフィールドのガイドラインは、画像のキャプションを表示したい場合に使用するように作成者に指示します。

content-type-with-element-guidelines.png

アドバイス

ガイドラインを維持することを忘れないでください。コンテンツモデルを変更するときはいつでも、ガイドラインが引き続き適用され、最新であり、何も見逃していないことを確認する必要があります。不正確なガイドラインは、ガイドラインがまったくない場合よりも害を及ぼす可能性があります。

特定のコンテンツに関するガイドラインを書くことは避けてください。代わりに、その情報をコンテンツブリーフに含めてください。

ガイドラインを使用して支援とアドバイスを行います。制限に関してはガイドラインに依存しないでください。必要に応じて、要素の制限と要件を常に設定してください。

次のステップ

ご覧のとおり、ガイドラインを使用すると、コンテンツの作成プロセスを大幅に合理化できます。ガイドラインを提供するとき、コンテンツ作成者は同じ質問を何度も繰り返す必要はありません。なぜなら、ガイドラインが行き詰まると、ガイドラインが助けになるからです。また、コンテンツタイプにガイドラインを追加したにもかかわらず、クリエイターが同じ質問を繰り返し尋ねてきた場合は、ガイドラインに重要な情報が不足していることがわかります。既存のガイドラインを確認して不足しているものを追加すると、誰もが時間を節約できます。同じことをもう一度説明する必要はなく、クリエイターは、助けを求めてあなたのところに来るためだけに何かをする方法を一生懸命考える必要はありません。 。彼らはより有能であると感じ、より良いコンテンツを作成します。

これらの記事をチェックして、コンテンツモデリングをさらに深く掘り下げてください。

  • コンテンツグループを使用して、コンテンツタイプを明確に整理します。

  • コンテンツ要素の制限と要件を設定します。

  • 画像のコンポーネントを使用して、カスタムCSSクラスまたはメタデータを追加します。

  • ツイートやYouTube動画をコンテンツに追加する方法をご覧ください。

原文:https://docs.kontent.ai/tutorials/manage-kontent/content-modeling/use-guidelines