当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

Document

ドキュメント

1-5-2. 使用状況レポート

最終更新日:

アクティブユーザーを確認する方法、サブスクリプションプランのFUP制限、プランのコストについてご紹介します。

目次

  • 毎日の使用状況レポート
  • レポートには何が含まれていますか?
  • 使用状況のスナップショット
  • 使用履歴

使用状況レポートを表示するには、以下の手順に従います。

  1. 画面左下のお客様のイニシャルをクリックします。
  2. メニューからSubscriptionsを選択します。
  3. お客様のサブスクリプションを選択します。

Usage reportタブに、現在の使用状況レポートが表示されます。

毎日の使用状況レポート

使用状況レポートは、1日1回、午前0時頃に計算されます。使用状況レポートを確認することで、アクティブユーザーの数や、サブスクリプションプランの公正使用ポリシーの制限に関するお客様の状況を把握することができます。

レポートには何が含まれますか?

使用状況レポートは、以下の内容で構成されています。

  • プランの概要 - プランの料金、追加使用の料金、現在の請求期間の長さを表示します。
  • 使用状況 - サブスクリプションに属するプロジェクトのアクティブユーザー数を表示します。
  • 公正使用ポリシー - お客様のプロジェクトに対して行われたAPIリクエストの数、保存および転送されたデータの量、お客様のプロジェクト全体のコンテンツアイテム数が表示されます。
アクティブユーザーとしてカウントされるのは?

お客様のプロジェクトに招待され、そのコンテンツにアクセスできるユーザーは、アクティブユーザーとしてカウントされます。無効にされていてプロジェクトにアクセスできない非アクティブユーザーとは逆になります。

プロジェクト全体のユニークアクティブユーザー数が定額使用プランに含まれる数よりも多い場合、これらのユーザーは追加使用としてカウントされ、「追加」欄に表示され、追加費用に反映されます。追加コストは、その月のアクティブユーザーの最大使用量に基づいて計算されます。

サンプルレポート

例えば、典型的な使用状況レポートは次のようになります。

Checking-Your-Usage-Report-Resized.jpg

使用状況のスナップショット

使用状況レポートは日刊で発行されるため、サブスクリプションプランの変更、新規ユーザーの招待、転送データ量(帯域幅)の変更など、お客様のサブスクリプションやそのプロジェクトに対する最近の変更は、次のレポートに反映されます。

使用状況の履歴

PDFレポートをダウンロードして、過去の請求期間の使用状況を確認することができます。

  1. Billing historyタブで、表から課金期間を選択します。
  2. 右上のExport to PDFをクリックします。

Billing-history-Resized-w-pointer-no-elipses.PNG

電子メールによるレポート

すべての月額プランの管理者には、指定された請求期間の使用レポートが毎月Eメールで送信されます。これは、定額使用の「請求履歴」と同じ情報を提供するものです。合計金額が$0のレポートは、ユーザープロファイルから配信を停止することができます。

次のステップ

原文:https://docs.kontent.ai/tutorials/manage-kontent/subscriptions/usage-report