当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

Document

ドキュメント

1-1-4. スニペットで要素のグループを再利用する

最終更新日:

コンテンツタイプスニペットは、再利用可能なコンテンツ要素のグループであり、コンテンツタイプを定義する際に特に役立ちます。コンテンツ担当者がコンテンツを編集する際には、コンテンツタイプスニペットは表示されません。

いくつかのコンテンツタイプで同じ要素の束を繰り返し使用する必要がある場合は、コンテンツタイプスニペットを作成してそれらの要素を保持することができます。この方法では、1つの場所から簡単に要素を変更することができます。

目次

  • コンテンツタイプスニペットを作成する

  • コンテンツタイプにスニペットを追加する

  • コンテンツアイテムのスニペット

それでは、SEOメタデータにスニペットを使用する例を見てみましょう。

コンテンツタイプスニペットを作成する

SEOメタデータ用のコンテンツタイプスニペットを作成するには、以下の手順で行います。

  1. アプリのメニューからContent modelsを選択します。

  2. Content type snippetsタブをクリックします。

  3. Create newをクリックします。

  4. Content type snippet nameに名前を入力します。

  5. 要素エリアに2つのText要素を挿入します。

  6. 要素にMeta keywordsとMeta descriptionという名前を付けます。

  7. 必要であれば、各要素のガイドラインと制限事項を記入します。

  8. 変更を保存します。

snippet-seo-metadata.png

スニペットのコードネームを編集することもできます。

ほとんどの要素がスニペットに使用可能

スニペットを定義する際には、Content type snippetとURL slug要素を除くすべてのコンテンツ要素を使用できます。

コンテンツタイプにスニペットを追加する

コンテンツタイプスニペットを作成したら、それをコンテンツタイプで使用します。要素の重複を防ぐため、同じコンテンツタイプで1つのスニペットを複数回使用することはできませんのでご注意ください。

  1. アプリのメニューからContent modelsを選択します。

  2. 既存のコンテンツタイプを開きます。

  3. コンテンツタイプのスニペット要素をコンテンツタイプに挿入します。

  4. ドロップダウンリストからスニペットを選択します。

  5. コンテンツタイプを保存します。

    snippet-in-content-type.png

コンテンツアイテムのスニペット

コンテンツアイテムでは、コンテンツタイプスニペットはそれらに含まれる要素に置き換えられます。

snippet-in-content-item.png

次のステップ

  • リッチテキストエディタで魅力的なコンテンツを作成します。

  • リッチテキストのコンテンツアイテムの代わりにコンポーネントを使用するのが最適な場合を学び ます。

  • リッチテキスト要素 と リンクされたアイテム要素のコンテンツアイテムを使用して、コンテンツ をリンクします。

  • ガイドラインを使用して、より効率的な制作のためにチームに役立つ情報を提供します。

原文:https://docs.kontent.ai/tutorials/manage-kontent/content-modeling/reuse-elements-with-snippets