当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

Document

ドキュメント

2-3-1. コンテンツアイテムの紹介

最終更新日:

プロジェクトでコンテンツの作成を開始するには、コンテンツアイテムと呼ばれるものが必要になります。コンテンツアイテムは、ブログ記事、製品アップデート、ケーススタディなど、個々のコンテンツを表します。

コンテンツで何を達成しようとしているかに応じて、適切なテンプレートを選択し、コンテンツアイテムに適切な構造を与えることになります。例えば、ブログ記事であれば、紹介文、画像を含む本文、関連記事、著者があり、著者には名前、経歴、写真があります。Kontentでは、これらのテンプレートをコンテンツタイプと呼び、コンテンツアイテムがどのように構築され、形成されるかを本質的に規定しています。

それでは、コンテンツアイテムを作成する方法と、コンテンツを書く際の最も一般的なタスクを実現する方法を見てみましょう。

目次

  • コンテンツを作成する
  • コンテンツアイテムを最大限に活用する
  • スピードを上げるためのクイックアクション
  • コンテンツを公開する
  • コンテンツを削除し、コンテンツの有効期限を設定します

コンテンツを作成する

新しいコンテンツの作成を始める前に、まったく新しいアイテムが必要なのか、それともすでにプロジェクトにあるものをコピーしたほうがいいのかを考えてみましょう。

コンテンツアイテムの作成
  1. Content & Assetsで、右上のCreate newをクリックします。
  2. コレクションが利用可能な場合は、新しいコンテンツアイテム用にコレクションを選択します。
  3. コンテンツタイプを選択します。
  4. コンテンツアイテムの名前を入力します。

これで完了です。新しいコンテンツアイテムが作成されました。変更した内容は自動的に保存されます。

アイテムに付けた名前は、Kontent UIでのアイテムの識別子となります。また、コンテンツアイテムの名前は、アイテムのすべてのバリエーションで共有されるため、どの言語でもアイテムを見つけることができます。

作成したコンテンツアイテムを見つけるには、Content & Assetsのコンテンツアイテムリストに移動します。特定のアイテムを見つけるには、Content & Assetsをクリックし、アイテムの名前または内容で検索します。また、利用可能なフィルターを使用して、ナビゲーションを高速化することもできます。

ℹ️同時編集

自分と同僚が同じコンテンツアイテムを同時に開くと、画面上部にバナーが表示され、両者に通知されます。同僚がアイテム内のある要素の編集を開始すると、Kontentはあなたのためにその要素をロックし、あなたには要素内に更新ボタン付きの通知が表示されます。同僚がその要素から離れた後、Kontentはあなたのためにその要素をロック解除します。

同僚が期限を設定するなど、アイテム全体の変更を行うと、画面上部のバナーで通知されますが、あなたのためにロックされることはありません。

ローカライズされたコンテンツの作成

もしあなたが国際的なチームの一員で、さまざまな言語でコンテンツを作成しているなら、言語バリアントを検討してみてはいかがでしょうか。ランゲージバリアントとは、異なるロケーションごとに異なるバージョンのコンテンツを作成することです。例えば、1つのブログ記事を英語、スペイン語、フランス語に翻訳しているとします。

重複したコンテンツ

時には、同じコンテンツのわずかに異なるバージョンが必要な状況に陥ることがあります。例えば、ランディングページのA/Bテストを行っていて、どちらのバージョンが訪問者にとって魅力的なのかを確認するために、いくつかの点を変更したいとします。また、同じ職種で別の地域の支店に向けた新しい求人広告を作成している場合もあります。

  1. Content & Assetsで、複製したいアイテムを開きます。
  2. 右上のMore actionsをクリックします。
  3. Duplicateを選択します。
  4. Including contentを選択します。

プロジェクト内に「Item_name (copy)」という名前のコンテンツアイテムの複製が自動的に作成されます。新しい複製には、元のコンテンツアイテムの要素、コンポーネント、リンクされたコンテンツが含まれます。バージョン履歴、貢献者、コメント、期日はコピーされません。

コンテンツアイテムに複数の言語バージョンがある場合は、すべての言語バージョンが複製されます。

重複しないコンテンツの再利用

コンテンツアイテムのリストが、同じコンテンツの別のコピーで簡単に散らかってしまう可能性があるため、コンテンツを複製することは必ずしも最良の選択ではありません。場合によっては、複数のコンテンツアイテムで共有する必要のある情報を含むリンクアイテムを作成する必要があります。

Webサイトのコンテンツ作成

Web Spotlightでは、Webサイトのコンテンツがページツリーに整理されているので、ナビゲーションが容易です。

  1. Web Spotlightで、コンテンツを作成したいページを選択します。
  2. Editorタブに切り替えます。
  3. Contentで、このページに表示するコンテンツアイテムを指定します。

Contentがない場合は、プロジェクト管理者の設定に応じて、別の名前を探す必要があるかもしれません。 次のセクションでは、コンテンツアイテムの特徴と、それを活用する方法について詳しく説明します。

Web Spotlightを使ってWebサイトを管理するには、Webページの追加、編集、プレビューの方法を学びます

コンテンツアイテムを最大限に活用する

すべてのコンテンツアイテムは、アイテムの目的に応じてさまざまなタイプの要素で構成されています。例えば、コンテンツ自体にはリッチテキスト要素、画像にはアセット要素、関連するブログ記事にはリンクアイテム要素などがあります。これも、それぞれの要素で少しずつ異なる作業をすることになります。

それに加えて、コンテンツアイテムのコンテンツは、コンテンツグループに分けることができます。これらのグループは、コンテンツアイテム内に別のタブとして表示され、その時点で必要なコンテンツグループに集中することができます。

Content groups and elements in a content item.

コンテンツグループとコンテンツアイテム内の要素

ここでは、コンテンツアイテムの中でよく使われる要素をどのように活用するかをもう少し詳しく見てみましょう。

コンテンツ作成中にガイダンスを受ける

新しいコンテンツを作成しているときに、要素の上部にガイドラインが書かれているものがあることに気づくかもしれません。 これは、何かに行き詰ったときに便利な機能です。

また、制限を満たしているかどうかわからない場合は、要素の右下を確認してください。例えば、要素内にアップロードできる最大文字数や画像の数などが表示されています。制限を変えたほうがいいと思われる場合は、プロジェクトの管理者に連絡して、変更を調整してください。制限を満たしているかどうかは、右側のDetailsサイドバーに表示されている「left to complete(完了まで残りわずか)」という表示を確認すればわかります。

A screenshot showing the indicator for incomplete content.

コンテンツにフォーマットと構造を追加する

新しいコンテンツアイテムを作成して、すぐに使い始めたいとします。このような場合、おそらく探しているのはリッチテキスト要素でしょう。この要素は、テキストの一部を選択してツールバーからオプションを選ぶだけで、さまざまな書式設定が可能です。しかし、リッチテキスト要素は、その名前が示すように、テキストそのものだけではありません。テキストの中にカーソルを置き、Insert....をクリックすると、リンク、画像、表などを追加して、コンテンツをさらに充実させることができます。

リッチテキストエディタでのコンテンツ作成のチュートリアルでは、リッチテキスト要素の可能性を最大限に引き出しています。

ツイート、ビデオ、体験談の埋め込み

ブログ記事や製品の説明文の中でしか意味をなさないような、特殊な内容を追加したい場合があります。それは、ツイートやビデオ、あるいはブランドの価値を示す証言かもしれません。

リッチテキストにコンポーネントを使用することで、コンテンツアイテムのリストが煩雑にならないようにするには、このタイミングが最適です。

メディアとの連携

コンテンツアイテムに新しいアセットを追加するには、ファイルをアセットエレメントにドラッグします。または、ブラウズをクリックして、ハードドライブからファイルを選択します。アップロードできるファイルには、写真やビデオ、PDFなどのドキュメントもあります。

How to add assets to a content item.

Kentico Kontentは、新しいアセットをプロジェクトのアセットリストにも自動的に入れます。アセットリストは、Content & AssetsのAssetsタブに切り替えることで開くことができます。

プロジェクトの既存のアセットの一部を新しいコンテンツアイテムで再利用するには、次のようにします。

  1. Pick from Assetsをクリックします。
  2. 追加したいアセットを選択します。
  3. 右下のInsertをクリックします。

アセット要素内のアセットの順序を変更するには、アセットの左上にあるドラッグボタンを押して、アセットをドラッグします。

アセットの置き換え

アセットの入れ替えは、新しいアセットの追加と同様です。新しいアセットをアップロードした後、右上のRemoveをクリックして古いアセットを削除します。また、プロジェクトのアセットリストが散らかるのを防ぐために、古いアセットを削除することをお勧めします。

アセットの削除

アセットの右上にあるRemoveをクリックすると、コンテンツアイテムからアセットを削除することができます。コンテンツアイテムからアセットを削除しても、アセット自体はプロジェクトのアセットリストに残っています。

コンテンツに関連性を持たせる

例えば、ブログ記事をそれぞれの著者にリンクしたり、新商品と同じカテゴリーに属する商品にリンクしたりする場合を考えてみましょう。既存の関連コンテンツをプロジェクトの新しいコンテンツアイテムにリンクさせるには、編集用のアイテムを開き、Add existing itemsというオプションを探します。下の画像のように表示されます。

既存のアイテムを追加すると、2つのアイテムの間にリレーションシップが作成されます。つまり、親アイテムからすぐに関連アイテムを展開して表示したり、一緒に公開したりすることができます。

A screenshot of a Related articles element in a content item.

リンクされたアイテムを要素に追加した後、アイテムを並べ替えたり、削除したり、拡張して表示用に開くことができます。関連アイテムを編集するには、Editをクリックしてコンテンツアイテムを編集用に開きます。関連コンテンツのリンクについて、詳しくはこちらをご覧ください

関連コンテンツへのアクセスと編集

リンクされたコンテンツアイテムは独立しており、使用されているコンテンツアイテムの外からアクセスできます。つまり、特定のリンクされたアイテムを一度編集するだけで、その変更があらゆる場所に自動的に反映されます。また、リンクされたすべてのアイテムを元の記事と一緒に公開することもできます。

また、関連するコンテンツアイテムを直接テキストに埋め込むこともできます。リンクされたアイテムは、Add existing itemsボタンで追加した場合と全く同じ動作をします。

Web Spotlightでのリレーションシップ

Web Spotlightを使ってウェブサイトのコンテンツを作成する場合、ページとサブページをリンクさせてページツリーの階層を作るという別のタイプのリレーションシップもあります。

スピードを上げるためのクイックアクション

さて、私たちは順調なスタートを切りました。貴重なコンテンツを作成し、画像を追加し、さらにはアイテム間の関係を構築しました。しかし、これで終わりではありません。

コンテンツアイテムを編集用に開くと、上部に一連のクイックアクションが表示されます。これらのアクションと、More actionsからアクセスできるアクションは、仕事をできるだけ早く終わらせるために用意されています。

コンテンツをレビューに送る

新しいコンテンツの作成が完了したら、レビューを受ける必要があります。そのためには、アイテムのワークフローステップを変更し、レビュー担当者を割り当てる必要があります(ここではレビュー担当者)。

アイテムのワークフローのステップを変更するには、Change workflowをクリックします。 ポップアップが表示され、ワークフローをReviewまたは必要な他のステップに変更できます。また、コントリビューターの割り当て、期日の設定、メモの追加にも使用できます。

ワークフローと担当者の割り当てについて、さらに詳しくご紹介します。

チームメンバーとのコラボレーション

新しいコンテンツを作成することも大切ですが、コンテンツアイテムに書かれている内容が実際に正しいかどうかを確認する必要があります。チームメイトに質問をしたり、共同で書いている文章のアイデアを提案したりする必要があるかもしれません。ここで、コメントや提案が必要になります。Kontentでは、アイテム内のテキストやアセットのどの部分にも簡単にコメントをつけることができます。

テキストにコメントを追加するには、コメントしたい部分を選択し、Add commentをクリックします。同僚に確実に届くようにするには、「@」を入力して言及します。具体的な提案をしたい場合や、誤字脱字を直接指摘したい場合は、コメントを追加するときと同様に、テキストの一部を選択してAdd suggestionをクリックします。

自分の役割を終えて、チームメイトにコンテンツを送ろうとしたとき、何かを伝えたいことがあるのではないでしょうか。そのためには、タスクが必要です。タスクを追加してチームメイトに割り当てることで、あなたが何をすべきかをチームメイトに伝えることができます。

変更点の比較と古いコンテンツの復元

自分が行った変更を確認したり、誤って更新してしまったコンテンツを元の状態に戻す必要がある場合もあります。そのためには、アイテムの右上にあるMore actionsをクリックし、Compare versionsを選択します。これで、ハイライトされた部分のバージョン間の違いを比較することができます。

なお、コンテンツに加えられた最新の変更を元に戻すには、Ctrl + Z(Macでは⌘ + Z)のショートカットを使用することもできます。Kontentで使用できるその他の便利なショートカットをご覧ください。

公開前のコンテンツのプレビュー

公開する前にコンテンツを確認するには、プレビューしたいコンテンツを開きます。

  • Web Spotlightを使ってWebサイトのコンテンツを作成する場合は、プレビュータブに切り替えることで、Kontentで直接変更内容をプレビューすることができます。
  • それ以外の場合は、アイテムの左上にあるPreviewボタンをクリックします。ボタンが表示されていない場合は、開発者に連絡してプレビュー環境を整えてください。

A screenshot of a Preview button in a content item.

コンテンツを公開する

コンテンツの作成とレビューが完了したら、あとは、設定された制限を満たしていることを確認しながら、コンテンツを公開するだけです。

コンテンツの公開は、コンテンツアイテムをレビューに送るのと同様に、アイテムのワークフローステップを変更します。アイテムを公開するには、編集中のアイテムを開き、アイテムの右上にあるPublishをクリックします。このオプションが利用できない場合は、コンテンツを公開する権限がないか、プロジェクトのワークフロー設定に基づき、現在のワークフローステップが公開ステップに移行できない可能性があります。

公開したコンテンツを後で変更する必要がある場合は、そのコンテンツの新しいバージョンを作成できます。この方法では、アイテムを更新している間も、公開されたコンテンツは公開されたままになります。

コンテンツのアイテム名は、公開中でも変更できます。不安な場合は、変更しても問題ないかどうか、プロジェクト管理者に問い合わせてください。

コンテンツを削除し、コンテンツの有効期限を設定します

コンテンツアイテムの編集中にコンテンツアイテムを個別に削除したり、コンテンツリストからコンテンツアイテムを一括して削除することができます。コンテンツアイテムに複数の言語用に作成されたバリアントがある場合、一度に削除できるのは特定の1つの言語用のバリアントのみで、アイテムはNot translatedの状態に戻ります。

プロジェクトから特定のコンテンツアイテムを削除するには、そのアイテムを編集用に開き、More actions > Deleteをクリックします。

削除したコンテンツアイテムは、Undoボタンをクリックすることですぐに元に戻すことができます。削除してから時間が経過したコンテンツアイテムは復元できません。

Location of undo button.

プロジェクトからより多くのコンテンツアイテムを削除するには、以下の手順で行います。

  1. Content & Assetsで、コンテンツアイテムの名前の横にあるチェックボックスを使ってコンテンツアイテムを選択します。
  2. More actionsをクリックします。
  3. Deleteを選択します。

選択したコンテンツアイテムが削除されます。

コンテンツの期限切れ

コンテンツを期間限定で公開したい場合があります。キャンペーンを実施したり、商品の一部に期間限定のキャンペーンを実施したりする場合です。そのような場合には、有効期限を設定するのが正しい選択です。そのためには、適切なタイミングでコンテンツアイテムが自動的に公開され、アーカイブされるようにスケジュールします。

次のステップ

コンテンツ作成の基本を理解したところで、このチュートリアルで説明した内容をより深く掘り下げた次のトピックに進みましょう。

原文:https://docs.kontent.ai/tutorials/write-and-collaborate/create-content/introducing-content-items