当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

Document

ドキュメント

1-1-6. コンテンツタイプの制限を構成する

最終更新日:

Kentico Kontentにたくさんのアセットがあると、ファイルの整理が必須になります。また、それだけではありません。アセットのメタデータを管理して、表示オプションを指定したり、必要に応じてアセットを置き換えたりしたい場合もあるでしょう。シンプルなコンテンツタイプを追加することで、これらすべてを実現する方法をご覧ください。

目次

  • 画像コンテンツタイプを作成する

  • コンテンツに画像を追加する

  • 再利用された資産を置き換える

  • 多言語プロジェクトの資産を管理する

このガイドでは、画像のカスタム表示オプション、探している画像を見つけるためのカテゴリ、画像の使用ライセンス、および画像の作成者を追加できる画像の例を使用します。他の種類のアセット(電子書籍、ビデオなど)にも同様の原則を簡単に適用することも、すべてのアセットに1つのタイプを設定してまとめて管理することもできます。

画像コンテンツタイプを作成する

画像に情報を追加できるようにするには、画像を保持するコンテンツタイプを作成することから始めます。これは、画像を分類するためのタクソノミー(分類法)をすでに作成していることを前提としています。著者を記事にリンクするのと同様に、画像の作成者に関する情報を保持するために、帰属コンテンツタイプを作成した場合もあります。

  1. アプリメニューから、Content modelsを選択。

  2. 新しいコンテンツタイプを作成し、Imageという名前を付けます。

  3. Asset要素を追加し、Imageという名前を付けます。これは画像自体がアップロードされる場所です。

    1. アセットを1つだけに制限します。

    2. 必須にします。

  4. リッチテキスト要素を追加し、キャプションという名前を付けます。

  5. 複数選択要素を追加し、Widthという名前を付けます。

    1. さまざまな画像幅のオプションを追加します。

  6. 複数選択要素を追加し、Licenseという名前を付けます。

    1. さまざまなライセンスのオプションを追加します。

  7. リンクされたアイテム要素を追加し、属性という名前を付けます。

    1. 必要であれば、アトリビューション コンテンツタイプに制限します。

  8. タクソノミー要素を追加し、画像カテゴリ用に作成したタクソノミーグループを選択します。

  9. 変更を保存し ます。

要素をグループ化してアクセスしやすくする

画像を扱う際、コンテンツ制作者はまず、最もよく使う要素を見たいと思うかもしれません。コンテンツグループを使って、似たような要素をグループ化し、名前を付けます。

例えば、「画像」と「キャプション」を「コンテンツ」というグループに、「幅」を「表示オプション」というグループに、「ライセンス」と「帰属」を「メタデータ」というグループにまとめることができます。

 

コンテンツタイプを設定したので、コンテンツを保持および管理するための新しい画像を追加できるようになります。

コンテンツに画像を追加する

画像は、リッチテキスト要素内に直接シングルユースコンポーネントとして追加することも、再利用可能なリンクアイテムとして追加することもできます。

コンポーネントとリンクされたアイテムのどちらを使うべきでしょうか?

リンクされたアイテムは、例えば、分類用語でアイテムを見つける必要がある場合、コンポーネントよりも便利かもしれません。コンポーネントではそうすることができないので、カテゴリ化はうまくいきません。

しかし、カテゴリ化が必須でない場合は、コンポーネントを使用することで同様のメリットが得られ、すぐにコンテンツの不可欠な一部となります。コンテンツの構成方法を見て、ユースケースに最適なものを見つけてください。

デフォルトとしての使い捨て画像

画像を1箇所にのみ挿入する必要がある場合は、使い捨てのコンポーネントから始めることをお勧めします。

  1. アプリメニューから、 Content & Assets.

  2. 画像を配置するコンテンツアイテムを開きます。

  3. 使用するリッチテキスト要素を見つけます。

  4. 要素内で、Insert...ボタン、続いてInsert new componentボタンをクリックします。

  5. タイプのリストで、Imageを選択します。

  6. 要素を入力します。

 

関連するすべての情報を含む画像コンポーネントがコンテンツアイテムの一部になり、アイテムのワークフローとライフサイクルを共有します。

単回使用から再利用まで

後でコンポーネント内のコンテンツの別の用途を見つけた場合は、Reuse as content itemボタンをクリックすることでいつでもコンテンツアイテムに変換できます。この変換は元に戻せません。誤って行った場合は、新しいアイテムをアーカイブしてコンポーネントを再作成できます。

必要に応じて画像を再利用する

画像を複数の場所で使用したいことが最初からわかっている場合は、コンテンツアイテムを作成します。

  1. アプリのメニューからContent & Assetsを選択します。

  2. Create newボタンをクリックします。

  3. コレクションが利用可能な場合は、新しいコンテンツアイテム用にコレクションを選択します。

  4. コンテンツタイプとしてImageを選択します。

  5. Content Item Nameに名前を入力します。

  6. アセットをアップロードし、必要に応じてその他の要素を入力します。

イメージアイテムの準備ができたら、2つの方法でコンテンツに追加することができます。リンクされたアイテム要素(アセット要素の使用を置き換える)、またはリンクされたアイテムとしてリッチテキストの内部に追加することができます。

このような画像をコンテンツアイテムに追加するには

  1. アプリのメニューからContent & Assetsを選択します。

  2. 画像を追加したいコンテンツアイテムを開きます。

  3. 使用したいリンクアイテム要素またはリッチテキスト要素を探します。

    1. リンクアイテム要素の場合は、Add existing itemsを選択します。

    2. リッチテキスト要素の場合は、要素の内側をクリックし、Insertボタンをクリックし、次にInsert existing itemボタンを選択します。

  4. リストからImageアイテムを選択します。

 

再利用されるアセットの置き換え

アセットをコンテンツアイテムの中に入れておけば、プロジェクト全体でのアセットの置き換えが簡単になります。アセットが使用されているすべてのコンテンツアイテムにアクセスして手動で置き換える必要はありませんが、1つのコンテンツアイテムで置き換えるだけで、すべてのコンテンツアイテムで更新されます。

ある画像を別の画像に置き換えるには

  1. アプリのメニューからContent & Assetsを選択します。

  2. 上部のフィルターに画像アイテムの名前を入力して開きます。

  3. (アイテムがPublishされている場合)上部のCreate a new versionをクリックします。

  4. 現在の画像を削除し、新しい画像を追加します。

  5. 必要であれば、ページの上部にある「公開」をクリックします。

これで、アセットが使用された場所で自動的に置き換えられます(右サイドバーのUsed inで確認できます)。

多言語プロジェクトでのアセットの管理

コンテンツアイテムを使用してアセットを保持し、リンクアイテムとして追加する場合は、言語フォールバックの仕組みを理解することが重要です。ある言語(英語など)でイメージコンテンツアイテムをリンクアイテムとして追加した場合、他の言語(スペイン語など)では、その言語に翻訳しない限り、そのイメージは表示されません。画像コンテンツアイテムに含める情報が言語に依存しないものであっても(例えば、作成者の名前だけ)、それを表示させるためには、すべての言語でバリアントを作成する必要があります。オリジナルの言語からコンテンツをコピーすることで、先手を打つことができます。

次のステップ

ここまでで、アセットを格納するコンテンツタイプを作成し、そのタイプをベースにしたコンテンツアイテムをコンテンツに追加する方法を見てきました。これらのアイテムには、分類のための分類法や、アセットに関連付けたいその他のメタデータなど、好きな情報を保存することができます。また、アセットを一か所で置き換えて、サイト全体で更新させることもできます。

  • プロジェクト内のすべてのファイルの概要を取得します。

  • 複数の言語で画像を管理したい場合は、Kentico Kontentで言語を設定する方法をご覧ください。

原文:https://docs.kontent.ai/tutorials/manage-kontent/content-modeling/model-assets