ワークフロー

Kentico に入っている ワークフロー デザイナ はコンテンツの製作の状態のステップをそれぞれ監視したり管理したり許可や、公開などを行うためのプロセスを設定するインターフェースです。
 

担当などのルール設定

ブラウザベースのワークフロー デザイナによって、コンテンツ毎に所有者や編集者、承認者を選択したり簡単な画面で出来ます。プロセスが設定されると、その場で編集できるようになります。

ワークフロー デザイナ

ワークフロー デザイナ は複数のワークフローを作ることができます。特定のページや意味のあるページの場合、同じ承認ルートでワークフローが生成するとは限りません。大きな会社のWebサイトや大人数が携わるWeb サイトには、それぞれのページの意味により、ワークフローのルートが変更が出来ることが必要とされます。

異なるプラットフォーム間での統合

ページの編集だけではなく、翻訳管理やステージング管理やSNSへの投稿などのモジュール間でのワークフローも設定することが出来ます。

自動リマインド

Kentico のワークフロー デザイナ は編集作業が停滞するのを抑止できます。もし、タスクた停滞をしていたら、Kentico はタスクを持っているオーナーにメールでリマインドを送ったりすることも出来るので、スケジュールどおりタスクが完了できるように手伝います。

メールで自動的に送信できる内容は:

  • ページに関係しているユーザに対して全員に送信
  • ページの所有者に対してワークフローのステップが変わったとき

ワークフローのカスタマイズ

発者はコードの行を実行するために、ワークフロー・プロセス中にカスタムアクションを定義することができます。それを利用することにより、コンテンツアーカイブや、文書管理システム、ERP、CRM、およびその他のサードパーティのシステムを統合するための方法として使用することができます。
 

時限設定のアクション

タスクのオーナーが一定の時間など何もアクションしない場合、次のステップにプッシュさせる事ができたり、時間になったら自動的に公開させたりすることもできます。これらのタイミングアクションは、コンテンツ管理者が設定することができます。これは、コンテンツが承認プロセスのどこかに立ち往生することを防ぐことができます。

ワークフローでの時限設定は:

  • 待つ: 特定のイベントが発生するまで、ワークフロー管理者が設定された時間までプロセスの実行を一時停止することを可能します。
  • タイムアウト:ページはワークフローの次のステップに移動するまでのワークフロー管理者は、時間の特定の長さを設定することができます。

冗長性の回避

複数のユーザが、時には同じページの編集に取り組んで、保存されている前に誰か他の人の変更を上書き誰かの危険性があります。Kentico のワークフロー デザイナ はそのような作業が発生するの時にタスク担当の人だけに自動的にロックをかけてチェックアウトするまで他の人に触らせないようにすることが出来ます。
 

俯瞰して見る

そのコンテンツに対する関連したワークフローをの全体像を確認するのは常に可能になります。また、パラメータを定義一括操作を実行し、シングルクリックでページを承認することができます。
Kenticoのワークフローデザイナーを使用すると、全体のコンテンツ制作プロセスの完全な可視性を持っています。
 

お試ししましょう