Webパーツ

ナビゲーションメニュー、フォーラムやチャットおよびデータのリストなど、予めWebで一般的に使う様なロジックはWebパーツとして提供します。すべてのWebパーツは、デザインや行動の面で高度にカスタマイズ可能です。

ドラッグ&ドロップして設定

Webパーツは、Webページのデザイン上に定義されたパーツのゾーンにドラッグ&ドロップをして配置し、設定を行うだけで使える優れたインターフェースです。

Visual StudioでWebパーツを利用

Webパーツはまた、あなたのASPXページテンプレートや他のASPXページ上でそれらを使用できることを意味し、標準的なASP.NETユーザーコントロール(ASCX)です。

ユーザが開発した Web パーツ

Visual Studioを用いて自分専用のWeb パーツを定義することが出来ます。Webパーツは、CMSAbstractWebPartクラスを継承するユーザーコントロールです。

カスタマイズしやすいWeb パーツレイアウト

殆どのKenticoのWeb パーツはレンダリングするHTML を編集しやすくなっています。これは、Webパーツのコードを上書きし、システムのアップグレード時に衝突を危険にさらすことなく、さまざまな組み込みダイアログのレイアウトを変更することができます。
 

ウイジットの開発

ウイジットはコンテンツの管理者特別が利用する特別なWeb パーツです。ウイジットは、Webパーツの属性をカスタマイズし、ウィジェットを使用できるユーザーを設定しています。

もっと詳しく見る...

Web パーツを入手する

Kentico CMS には100を超える沢山のWeb パーツが最初から存在しますが、Kentico Marketplace にはパートナー企業から提供された様々な洗練されたWeb パーツをダウンロードすることが出来ます。

Kentico Marketplaceを見る

お試ししましょう