WebDAVサポート

KenticoでWebDAVプロトコルのためのビルトインサポートは、Microsoft OfficeやPaintなど、ローカルPCにインストールされたクライアントアプリケーションからオンラインのファイルを開き、編集、保存することができます。WebDAVサポートを使用すると、ファイルを開いて、編集して、余計な手順なしで直接Kenticoに変更を保存することが可能となります。

開き→編集→保存

WebDAVを使ってファイルを編集するのは非常に簡単です

  • 管理のインタフェースに、ファイルの横ににあるボタンをクリック
  • ファイルの種類により、クライアントアプリケーションでファイルが開かれる
  • 編集後、クライアントアプリケーションで「保存」をクリック
  • ファイルが自動的にKenticoにアップロードされる

 

Microsoft Word及び
その他のサポート
されているファイルの種類

Kenticoでは、ファイルのどの種類でも、WebDAVを使用して編集することができます。必要とされるのは、WebDAVプロトコルをサポートするアプリケーションだけです。
WebDAVでの編集をサポートするいくつかのアプリケーションは次のとおり:

  • Microsoft Office - Officeのドキュメント全ての編集(Word、Excel、PowerPointなど)
  • Microsoftペイント(Windows 7) - 画像の編集
  • Adobe Photoshop - edit images and advanced graphics
  • Adobe Acrobat 5 - PDFファイルの編集
  • 他の無料ソフト、または商用のソフトウェア製品

 

管理インターフェース
で統合

WebDAVの編集機能はライブサイト上および管理インターフェイスの両方で利用可能です。管理Iインターフェイスで、ウェブサイトの構造と添付ファイル内のファイルを編集するために使用することができます。また、WYSIWYGエディタのダイアログでWebDAVの編集機能を使用することはできます。

イントラネットや
エクストラネット用の
ドキュメントライブラリ
との統合

ライブサイトでは、WebDAVの編集は、殆どドキュメント
ライブラリで使用されます。ユーザーは適切な権限があれば、そしてクライアントアプリケーションがインストールされていれば、
ドキュメントライブラリに保存されている全てのファイルを編集することは出来ます。

ユーザー参加型コンテンツとの統合

 WebDAVの編集は、ユーザー参加型コンテンツモジュールとの総合もあり、ユーザー参加型コンテンツを含むアップロードされたファイルは上記と同じように編集することは出来ます。

お試ししましょう