タクソノミー

タグとカテゴリはコンテンツを容易に見つけやすくすることができます。 Kenticoは、ナビゲーション向上のために、コンテンツの間に関係を分類します。この分類の方法はいくつかの方法をサポートしています。

コンテンツツリー、階層

Kenticoで扱う全てのコンテンツは階層のリポジトリにストアされます。文章は、フォルダーの中に配置されるか、カテゴリの中に配置されるようになっています。

ドキュメントは、Windowsのシステムの様に複数のカテゴリにショートカットの様にリンクを作ることが出来ます。
 

タギング

どんなタイプのドキュメント(ブログだけじゃなく)はタグをマーキングする事が出来ます。タグ付けは記事のグルーピングをやりやすくしたり、することができます。Kenticoの場合は、ニュースの記事だけではなく、製品やサービスのページなどトピックによってどんなページでもタギングさせることが出来ます。

グルーピングされたタグをタグクラウドの様に表示させることも出来ます。タグは、管理者によって事前に定義することができ、コンテンツ作成者は、独自のタグを定義することができます。

カテゴリー

コンテンツツリーの中に階層に分けて、カテゴリーを自由に追加することができます。管理者や編集者は予め決められたカテゴリ分類の中で新たに自由に追加や編集、並び順序なども変更することが出来ます。
 

複数のドキュメントと複数のドキュメントのリレーション

また、Kenticoリポジトリ内のドキュメント間の多対多の関係を定義することができます。この機能は、「関連記事」、「推奨アクセサリー」、「類似製品」などなどのようなものを表示するために使用することができたりします。もちろん関係性の名前や規則については、完全にカスタマイズ可能です。
 

お試ししましょう