標準ワークフロー

Kenticoは、コンテンツ管理者は、コンテンツ全体のライフサイクル全体でのプロジェクトへの完全な可視性を提供します。技術的な知識の高いレベルを必要とせずに、標準的なワークフロー機能は、各管理者は、ブラウザベースのインターフェイスを介してワークフローステップを定義することができます。各ステップは、容易に再起動したりソフトウェアを再設定を必要とすることなく、オンザフライで変更することができます。

編集ステップでの通知

ステップが完了すると、プロセスが自動的に文書が承認を待っている電子メールで編集者に通知します。これは、目視確認をデジタルで行うことにより、コンテンツの最新性や、リンク切れなどを起こさいないようにします。

全てルールがカスタマイズ可能

Kentico標準ワークフローは、あなたが指定する任意の文書のためのステップの数に制限を定義することができます。直感的なブラウザベースのインターフェイスを使用することにより、定義されたステップを編集し、要求することができます。

複数人編集での上書き防止

コンテンツロックの機能によって、他のユーザが同じコンテンツを編集する心配が無くなります。コンテンツのロックは、各ドキュメントは、一度に1人のユーザーに「チェックアウトさ」されるようになります。他のユーザーは文書だけがシステムによってに戻ってチェックされ、変更を加えることができます。

最初から最後までのワークフローを可視化

ワークフロー・プロセス全体を通して、ユーザーはすべての文書のステータスの完全な概要を得ることができます。コンテンツ管理者は、ワークフロープロセスを経てどのように文書が変更されたか、変更バージョンの履歴を表示することができます。
 

ステップが完了すると、プロセスが自動的に文書が承認を待っている電子メールで編集者に通知します。これらもまた、ドキュメントの完全性に寄与します。

標準ワークフローで要求を満たさない場合は?

Kenticoは、大きなプロジェクトのための高度なワークフローを提供します。自動リマインダー、時限措置、完全なビジュアルワークフローデザイナー、および多くを含む、Kentico内のアドバンストコンテンツワークフローは、あなたも、最大のプロジェクトの上に保つのを助けることができます。

お試ししましょう