Home機能についてコンテンツマネジメント ≫ 検索エンジン対策 (SEO)

サーチエンジン オプティマイゼーション (SEO)

検索結果の良いランキングを達成することは密接にあなたのウェブサイトのトラフィックを増加させる効果的な方法です。 

ページのメタデータの編集

ページタイトルや、概要、キーワードなどのデータはもちろん全てのページを自由に編集できますが、ページ名などに基づかせて、自動的に条件を設定することで自動的に付与することもできます。膨大なページ管理や、コンテンツ群が存在する場合には、非常に便利でパワフルな機能になります。

ロジカルなURL設定

全てのページには自動的にユニークなURL設定がコンテンツを管理しているツリーに基づいて振られます。

URLのパラメータを利用して、コンテンツを ?tabid=7498, の様に表示させることも出来ますが、これらはサーチエンジンのロボットなどにはコンテンツが何であるか理解できません。

Kentico は、分かりやすいようにページ個別のURLを自動的に任意で変更することが出来ます。もちろん、/(スラッシュ)でページを区切ったり .html や .htm , apx など拡張性も自由に定義することも出来ます。
 

URL エイリアスのカスタマイズ

ページのURLは、完全にカスタマイズすることができ、必要なキーワードを含めるのがベストです。手動で検索エンジンのためにそれを最適化したい場合は、関係なく、サイト構造内の位置、任意のドキュメントのカスタムURL(URLのエイリアス)を定義することができます。

システムはまた、無効なリンクを回避するように構成することができます。ドキュメントを移動したり、そのURLを変更すると、以前のURLが記憶され、SEOに優しい301ステータスコードを使用して、新しいものにリダイレクトされます。

Google Sitemap

Kenticoは自動的にGoogleのSitemap形式に基づいて、URLをXML形式のリストに変換して、検索エンジンのインデックス化に対応しています。個々のページの優先度なども編集可能で、細かくも設定することが出来ます。

HTML コードの最適化

標準的なSEOの要求事項に対して、様々な他が提供する機能を利用することが出来ます。
例えば、ロボットのために任意のJavaScriptを仕様せずにのみUL / LI要素を使用し、簡単にCSSベースのメニューナビゲーションを構築します。
 

  • タイトルやALTの編集、リンクタグの簡単な編集
  • ページのコンテンツ編集中に標準見出し(H1,H2など)を定義
  • URL に含まれている文字列の自動禁則チェック
  • 同じ内容での多重URLの排他やリダイレクト

Web 標準規格

Kenticoによってレンダリングコードは、XHTML 1.0仕様に準拠してW3Cのウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン1.0の勧告を満たしている、と米国政府の第508条の要件に従っています。
あなたは、特定のXHTMLの非互換性を修正した当社独自の出力フィルタを使用するオプションがあります。内蔵のWYSIWYGエディタは、任意の入力されたページの内容が有効であることを保証します。

それは構文または検証エラーによって検知されることで、検索エンジンのクローラを防ぐのに役立ち、より正確なインデックス化につながるので、これは、SEOのために有益であり得ます。
 

お試ししましょう