Home機能についてコンテンツマネジメント ≫ ファイル、画像、ビデオ管理

ファイル、画像、ビデオ管理

KenticoのCMSを使うと、Word ドキュメントやPDF、PPTなどのファイルや、イメージやビデオの公開などが簡単に出来ます。
 

ファイルのリポジトリ

Kenticoはいかなるドキュメントもリオ地鶏で管理することが出来ます。そしてこういう強力な機能を活用できます:


ファイルの量により、サーバのディスクストレージやDBに保存するか選べます。サーバーメモリにキャッシュする事により高速配信できます。
 

メディアライブラリーの管理

もし、フォトギャラリーやビデオのアーカイブをダウンロードさせるサイトのように大量のメディアファイルを管理したいのなら、メディアライブラリーで管理を行い、ファイルの実態はディスクに管理し、メタデータなどはDBで管理することをおすすめします。
 

画像のリサイズや挿入

画像を挿入するには、1クリックでディスク上のファイルを選択するのと同じくらい簡単です。シンプルな操作で、コンテンツリポジトリ、メディアライブラリ、または外部のWebサイトから既存の画像を選択することができます。

Webサーバのパフォーマンス低下につながる巨大なファイルを公開しないように Kentico CMSは、画像リサイズを行うこともできます。また、アップロードされたファイルの最大サイズを指定して変更することも、Kentico CMSは自動的にアップロード中にそれらのサイズを変更もできます。

テキストまたは画像のサイズを変更する必要がある場合は、Kentico CMSは自動的に、幅/高さを変更します。巨大な元のファイルを使用しての画像のサイズを変更し、誰かが画像を表示する次の時間をサイズ変更必要がないように、また、ディスク上のサイズを変更したバージョンを格納します。

ビデオの挿入

KenticoのCMSはテキストの中にビデオを簡単に挿入することが出来ます。そうすると、魅力的なコンテンツを作ることが出来るので、ページのクオリティが上がります。
 

メディアギャラリーの公開

Kentico CMS のギャラリーモジュールは、イメージや様々な形式のファイルを一覧で公開表示できます。もちろん、表示手法にこだわるなら lightbox などのモジュールや、イメージのローテーターなども利用することが出来ます。もちろんサードパーティの jQuery librariesも利用して開発することも出来ます。

また、FlashやSilverlight はもちろんHTML5プレーヤーなどもカスタムして利用することが出来ます。

ページへ添付をする

プレスリリースの様にページ単位に、ファイルを添付する事が出来ます。ファイルは、指定したページとそのライフサイクルに関連付けられています。つまり、そのページに紐づくバージョン管理や、ワークフローやセキュリティーでの閲覧編集権限など関連して利用することができます。

この一貫した関連性が出来ることによって、作業者の作業効率化などに貢献することができます。
 

Microsoft Office で直接編集するのにも対応しています

Kentico CMS は WebDAV プロトコルに対応したモジュールを持っており, Microsoft Officeで直接、開いたり、編集したり、保存したりすることが出来ます。(Word, Excel, PowerPoint, などのファイル) 

Learn more about WebDAV support in Kentico CMS

ブラウザベースの画像編集管理

Kentico CMS はブラウザベースでイメージのリサイズや回転、圧縮、切り取りなど画像編集管理ができるので、コンテンツ編集者全員にイメージ編集ソフトなど新たに入れる必要はありません。

Kenticoの画像編集について

お試ししましょう