文書管理

Kentico の文書管理モジュールは、イントラネット上で簡単に組織の中で文書の管理および閲覧配布、共同制作が出来ます。 .doc, PDF, .xls, .ppt, や他のファイルフォーマットにも対応し、パーミッション権限や検索やバージョニング、ワークフローにも対応をしています。また、フィールド拡張を行うことにより関連性のかんりなども出来るようになります。

ワークフローとバージョニング

Kenticoに格納されたドキュメントは、通常のページとして管理されるので、Kentico CMSに含まれる機能がドキュメントにも適用することが出来ます。それにはワークフローや、チェックイン/チェックアウト、やバージョニングや閲覧権限管理などが含まれます。ワークフローを利用することによって、文章の共同制作管理などが出来るようになります。

また、ドキメントを壊してしまったり、編集された内容が分からなくなってしまっても、バージョン管理があるので、前のバージョンに戻すことも出来ます。
 

WebDAV サポート

Web DAVをサポートしているので、KenticoをローカルのPCで管理していたら、Wordやエクセルやパワーポイントなど、ネイティブのドキュメント編集ソフトによってコンテンツを編集しやすい様に編集でき、シームレスにバージョン管理などが出来るようになります。
 

きめ細かいセキュリティ

管理・編集権限を持っているKenticoのユーザ同様、ページの個別の細かい設定の様にセキュリティ設定がドキュメント単位で出来るようになります。つまり、各ユーザーとロールに対して個別に特定のアクションの権限を設定することができます。

お試ししましょう