Home機能についてコンテンツマネジメント ≫ ASP.NET MVCサポート

ASP.NET MVCサポート

Kentico CMSでのASP.NET MVC(モデル - ビュー - コントローラ)のサポートは、ページ設定の気晴らしなしセマンティックアプローチでコンテンツの編集することを可能にします。コンテンツの編集者は、コンテンツを作成して、そのコンテンツがKentico APIでKenticoデータベースに格納されます。 開発者はウェブサイトを開発し、コンテンツの作成と別に、レイアウトを決定し、すでに保管されているコンテンツを利用して、ライブサイト(MVCアプリケーション)に展開します。

MVCアーキテクチャー

Kentico CMSでのMVCサポートでは、非常に論理的なアーキテクチャーとなり、コンテンツの作成にセマンティックアプローチを提供しながら、ウェブサイトをスピーディーにデロールアウトすることは出来ます。ライブサイト(MVCアプリケーション)に、開発者はレイアウト、データ表示、バックエンドコード、またコンテンツ構成(ページタイプやコンテンツツリー内のフォルダの組織)をKenticoの管理インタフェースに組み立てます。コンテンツ編集者は管理インタフェースを利用して、開発者が決定したコンテンツ構成に従ってコンテンツを作成し、そのテキスト、写真、動画、を含むコンテンツは、Kenticoデータベースに格納されています。開発者は、Kentico APIを使用してKenticoデータベースに保管されているコンテンツを引っ張って、ライブサイトに表示することができます。

役割の分離

コンテンツ編集者はページ設定の気晴らしやHTML、ASP.NET、またはCSSの技術的な知識を必要とすることなく、もっとセマンティックアプローチでコンテンツ編集作業を行うこととなります。コンテンツを作成した時点に、Kentico APIでKenticoデータベースに格納されます。開発者はウェブサイトを構築する役割として、Kenticoのデータベースに保管されているコンテンツを利用して、ライブサイト(MVCアプリケーション)に展開する事前、MVCアプリケーションのレイアウトを決定したり、Kentico管理インターフェースに展開するコンテンツの構成などを準備したりします。こうやると、コンテンツ編集者はウェブサイトのあっちこっち色んなところにコンテンツを作成する必要はなく、大幅に生産性を向上させます。MVCのサポートは、コンテンツを一回だけ作成して保存することができ、そのコンテンツをライブサイト上のさまざまな場所で同じ内容を使用することができます。
MVC_diagram.png

関連ページ機能

コンテンツ編集者がサイトのレイアウトを完全にコントロールを失うことを恐れる必要はありません。関連ページ機能を使用すると、ウェブサイト上で一緒に表示されるべきコンテンツを指定することができます。
例えば、ホームページの「今月の従業員」を推進する場合、ホーム・ページの関連ページとして設定することができます。開発者は、ウェブサイトに最も適したレイアウトでページを実装し、その関連のページの情報がそれぞれのレイアウトに出力されることを確保します。

ウェブファーム同期

MVCサポートは、Kenticoのアウトオブボックス(OOB)のWebファームのサポートを利用します。そのため、Kentico管理インタフェース、Kenticoデータベース、およびMVCアプリケーションの間のセマンティックコンテンツ、コンテンツの構造、およびコードの連続的な、双方向の同期が可能です。ウェブファームを使用すると、必要に応じてより高いトラフィックやサイトの負荷を満たすためにスケーリング出来て、サイトへの訪問者に、より良い、より一貫性のある体験を提供することができます。

レスポンシブウェブサイト

出力HTMLを完全にコントロール出来るため、開発者はMVC開発方法を利用して、コンテンツ編集プロセスを意識せずにモダンレスポンシブウェブサイトを開発することができます。更に、ページのコードサイズが普通のページより少なくて、モバイルデバイスにロードするには速くなり、データ通信もすくなるなります。

クラウドの展開と
セキュリティの強化

クラウドでもオンプレサーバーでも、KenticoがサポートするMVCはどちらのデプロイ方法に互換性があります。管理サイトとMVCのライブサイトの分離で、ライブサイトをクラウドにデプロイして、セキュリティと拡張性を高めるために、管理サイトをサーバのファイアウォールの背後政権を維持します。

サイトのプレビュー、
ワークフロー及び 
多言語サイトのサポート

KenticoのMVCのサポートは、いつも使用しているKentico機能と共に動作しています。コンテンツ編集者と開発者の作業が分離されているとしても、プレビューモードを使用して、コンテンツ編集者はまだ別の場所に保存されている場合でも、管理内からライブサイトを表示することができます。MVCサポートは、Kenticoのワークフローの操作だけでなく、開発する多言語サイトと完全な互換性があります。編集者はウェブサイトに必要なコンテンツを様々な言語で作成することができて、開発者は開発中でも、データベースから適切な言語を実現することができます。

お試ししましょう