Home機能についてプラットフォーム ≫ スケーラビティとパフォーマンス

スケーラビティとパフォーマンス

世界で多くアクセスされているWebサイトのいくつかはKenticoで構築されています。それらのサイトは、Webファームやクラウド上で頻繁にスケールします。 Kenticoを使用すると、AlwaysOnな高性能のWebサイトを簡単に提供することができます。

Webファームでのパフォーマンス

Kenticoはとても標準的なハードウェア構成上でよく実行されます。しかし、WebファームでKenticoを展開することで、より多くのパワーが必要なときはスケールアップ(より多くのCPUとメモリを追加)し、必要でない場合は簡単にスケールアウトすることができます。Kenticoは、標準のWindows ServerのWebファーム環境で実行され、ファイルやメモリ内のオブジェクトのサーバー間での自動同期のための組み込みのメカニズムを持っています。

あなたのWebサイトの可用性は より多くのトラフィックを処理できるようにサーバー数を増やすと共に増加します。1つのサーバーがダウンしても,別のサーバーがコンテンツの配信を引き継ぐため、Webサイトは常にアクセス可能となります。私たちのパフォーマンステストに基づいて 第2のWebサーバーを追加すると、キャッシングが有効になっている場合、全体的にパフォーマンスが向上します。
データベースの可用性を向上する必要がありますか? SQLフェールオーバークラスタを使用してください。

高度なキャッシュオプション

Kenticoは、ファイル、Webパーツやページのキャッシュを設定することができ、細かなキャッシュ設定があります。 アウトプット・キャッシュは、ページをメモリ内に保存し、データベースやディスクに触れることなくそれらを提供するのでもっとも強力なオプションです。 Kenticoのキャッシュオプションの詳細はこちらをご覧ください。

小規模 vs 大規模Webサイトのパフォーマンス

Kenticoの標準インストールで、100,000アイテム(ページ、記事、ニュース等)の管理をテストしました。しかし、我々はKenticoのカスタマイズとプロジェクト固有の設定を使用して巨大なコンテンツを管理するクライアントを持っています。

クラウドの活用

あなたはリクエストに応じて、より多くのパフォーマンスを必要とする場合、クラウド技術のためのKenticoのサポートを活用することができます。当社の顧客の多くは、Amazon EC2、Microsoft AzureにKenticoを展開しています。

パフォーマンス テスト レポート

我々は、Kenticoを様々な構成で実行させたパフォーマンステストのレポートを作成しました。
主な調査結果:

  • Kenticoは標準的な単一のWebサーバー上で月間100,000,000ページビュー以上を処理することができます。
  • Webファームにサーバーと追加すると、キャッシュが有効になっている場合に全体的なパフォーマンスが向上します。
  • Kenticoはキャッシュが有効な場合、10万のドキュメントを300のドキュメントと同様に快適にコンテンツを提供します。


パフォーマンス テスト レポートをダウンロード

パフォーマンス・オーバーヘッド軽減の維持

Kenticoは、あなたの実現したい事によってあなたのサWebサイトがスローダウンしないことを確実にするために、どんな苦労も惜しみません。Kenticoオンラインマーケティングソリューションの中で、利用可能なオンラインマーケティング機能の使用中に常にWebサイトのパフォーマンスを向上させることが Kenticoの最優先事項の1つである理由です。

過去データは、コンタクトグループの中で高速に評価されるように改善されています。ペルソナとスコアリング機能によって、あなたのWebサイトはより迅速に訪問者を獲得し、パーソナライズされたコンテンツを配信するだけでなく、現在のハードウェアでより多くのトラフィックを処理します。

デバッグ、パフォーマンスとヘルス監査

あなたは、可能な限り最高のパフォーマンスを得られていることを保証するために、Kenticoには内部活動を監視することができる高度なデバッグツールが付属しています。パフォーマンスや特定の機能の問題を発見修正し、Kenticoサポートへ報告するために、詳細な情報を得ることができます。

また、Kenticoのパフォーマンスとヘルス監査のコンサルティングパッケージを提供しています。それは、既存のKenticoシステムとKenticoアーキテクチャ基準の遵守の実行可能性を確保するために、実装要件とシステムアーキテクチャをレビューします。究極の目標は、あなたのプロジェクトが拡大しても、実装のスケーラビティと安定性を確保することです。

パフォーマンスとヘルス監査についての詳細はこちらをご覧ください。

お試ししましょう