Home機能についてプラットフォーム ≫ モジュール化

モジュール化

Kenticoのモジュール化を使用すると、開発者は開発した機能をパッケージ化し特定のニーズを満たすためのモジュールを作成することができ、モジュール化した機能を将来のプロジェクトで再利用することができます。これはあなたが簡単に、現在や今後のプロジェクトのために必要なカスタマイズをカスタムモジュールとして作成するのに役立ちます。 誰もが新しいERPコネクタ、送料計算やその他任意の拡張機能を素早く展開するために、このツールを使用することができます。

データベース・オブジェクト

Kenticoのモジュール化機能は、Webパーツ、フォームコントロールなどのデータベース・オブジェクトと連携して動作します。 そして、ページタイプはKenticoの最も一般的に使用される要素で、あなたの仕事を効率化し、将来のプロジェクトでの開発時間を短縮することができます。

自動パッケージインストール

モジュールのインストールはKenticoが自動的におこなうので手動でインストールする手間がかかりません。 NuGetパッケージをインストールし、あなたのソリューションを再ビルドします。 そしてWebサイトが残りの作業を行います。 Kenticoは、ASP.NETプラットフォームの標準規格としてモジュール化機能とNuGetパッケージを使用しています。

モジュールの更新インストール

モジュールを更新する前にアンインストールする必要はありません。 Kenticoのモジュール化は、標準のNuGetのプロセスを経て、既にインストールされているモジュールを更新することができます。 あなたは名前を変更、コードを更新、または完全パッケージを書き換えることができます。

アンインストール

モジュールをテストするとき、それらが正常に機能していることを確認するために繰り返しイインストールすることが重要です。 Kenticoのモジュール化機能を使用すると、テスト・プロセスを支援するためにVisual Studioから直接モジュールをアンインストールすることができます。

ページタイプの互換性

Kenticoのモジュール化機能を使用すると、ページタイプを編集してモジュールに含めることができ、Kenticoのページタイプと完全に互換性があります。 その後、パッケージをエクスポートするたびにモジュールデータと指定されたページタイプが含まれます。

お試ししましょう