Home機能についてプラットフォーム ≫ 拡張性とAPI

拡張性とAPI

Kenticoは 全てのWebサイトのニーズ 、カスタマイズするための多くの方法、そして標準プラットフォームの強化のために完全な機能セットを提供しています。KenticoオープンAPIを使用すると、特定の要件を達成するために独自のWebパーツ、モジュール、プロバイダ、イベントハンドラおよびその他の拡張機能を作成することができます。

ページテンプレートとデザイン

あなたのコードで、ページテンプレートをカスタマイズし、コントロールおよびWebパーツでそれらを強化し、外部システムからのデータを表示または変更します。

カスタム・ドキュメントタイプ

Kenticoは、独自のカスタムドキュメントタイプを定義することができます。また、ニュース、記事およびFAQなどの事前定義されたドキュメントタイプがあります。ほとんどのCMSプラットフォームとは異なり、Kenticoは、あなたがプログラミングなしでカスタム・ドキュメントタイプとそれぞれのフィールド、さらには編集フォームを定義することを可能にするブラウザベースのインターフェイスを提供します。

同様に あなたのモジュールや、フルテキスト検索、インポート/エクスポート、またはアクセス権などのKenticoの機能を活用して、カスタムデータベース・テーブルを作成することができます。

カスタマイズ可能なシステムテーブル

Kenticoは特定のシステムテーブルに対して、独自のフィールドを追加できます。 例えば、あなたは特定の独自データを格納するために、既存のユーザープロファイルにカスタムフィールドを追加することができます。 同様にカスタムドキュメントタイプにも、プログラミングなしで、ブラウザベースのインターフェイスを介してシステムテーブルをカスタマイズすることができます。

カスタムフォームコントロール

カスタムドキュメントタイプ、カスタムテーブル、システムテーブル、およびWebパーツのプロパティlは、Visual Studioで開発した独自の入力フォームコントロールを使用して拡張することができます。コンテンツ管理者が外部システムからのデータを選択できるようにする必要がある場合や、カスタム検証ルールを特定のコントロールまたはコントロールを構成する必要がある場合に非常に便利です。

オープンAPI

Kenticoの全ての機能は、アプリケーションプログラミングインターフェース(API)を介してアクセスすることができます。あなたはコンテンツ、ユーザーアカウント、サイト構成、または任意の他の設定を読み取りまたは変更するために、コードからkenticoの機能を呼び出すことができます。

あなたは Kentico Developer's Guide で多くのコード例を見つけることができます。

カスタムWebパーツとウィジェット

Kenticoには標準ASCXユーザーコントロールに基づいたすぐに使用できる多くのWebパーツが付属していてほとんどのニーズをカバーしますが、あなたはVisual Studioを使用して、独自のWebパーツやウィジェットを構築することができます。

ウィジェットとは、通常開発者が使用できるWebパーツの特殊なタイプで、コンテンツ管理者が使用することができます。それらは、既存のWebパーツに基づきいくつかの高度な設定を排除することで作成することができます。

カスタムモジュール

もしあなたがKenticoにカスタムモジュールを統合する必要がある場合、Visual Studioを使用し、個別のプロジェクトまたはKenticoのプロジェクトの一環として開発することができます。ユーザーインターフェイスのカスタマイズを使用して、システムメニューにそれらを統合することができますし、カスタムモジュールアクセス権のための組み込みのセキュリティシステムを使用することができます。

カスタムプロバイダーとイベントハンドラ

多くのKenticoモジュールはプロバイダモデルを使用します。 それはあなたが標準的な機能を置き換えたりカスタムライブラリを使用してシステムを拡張することができます。 例えば、独自の支払いプロバイダ、メンバシッププロバイダ、e-コマース商品プロバイダなどを書くことができます。

その他のオプションとして、標準的な動作をカスタマイズまたは増強するためのグローバルイベントハンドラがあります。あなたは、ドキュメントが更新された時やユーザーがログオンした時、または顧客が新しい注文を出す際に実行するコードを書くことができます。このコードは、追加のアクションを実行したり、特定のイベントが発生した時にシステムがどのように動作するかを変更することができます。

カスタム認証とメンバシッププロバイダ

Kenticoはデータベース内に全てのユーザーデータを格納します。ただし、外部システムに対するユーザーの認証を保証する独自のメンバシッププロバイダを作成することができます。

認証オプションの詳細についてはこちらをご覧ください。

REST API

RESTは Representational state transfer の略称です。一般的にはWorld  Wide Webのための分散システム用に設計されたソフトウェアアーキテクチャを指します。Kenticoは、読み取り、作成、更新、およびシステム内で物理的に任意のオブジェクトやドキュメントを削除するために使用できる組み込みのRESTサービスを提供しています。これらの操作は、特定のURLを要求することによって行われます。Kentico RESTサービスはRESTfulであり、システムから、またはシステムへの両方向のデータ転送をサポートします。

Kentico RESTサービスはRESTサービスWebパーツのためのGridが付属しています。  これは単純なGrid内のサービスから得られたデータを表示するために使用できます。

お試ししましょう