Home機能についてプラットフォーム ≫ 継続的インテグレーション

継続的インテグレーション

Kentico の一つの革新的な機能の中にCI モジュール(Continuous Integration module)があります。CI モジュールはソースコードの統合や複数人でのサイト開発においてQA(Quality Assurance)を通じて自動的にコードのマージを行う機能を提供しています。 この機能は、ソース管理にファイルシステム内のコードとデータをコミットし、Kenticoをインストールした別の環境内でインポートできるようにすることで、同じ作業を開発者と開発チーム間で同期することをサポートします。

全ての操作をサポート

Kenticoの継続的インテグレーションでは、ある環境から別の環境へ開発中に行われた変更を自動的に移動することができます。それは、オブジェクトの作成と更新から削除まですべての操作をサポートし、変更をソース管理にコミットする前に、ローカルで変更を同期します。

ロールバック機能

行われた全ての変更はソース管理によって保存され、新しいバージョンが作成された場合でも保持されます。これにより、全てのエラーやミスに対して、システムをロールバックすることが可能になります。通常のバージョン管理とは異なり、Kenticoの継続的インテグレーションのロールバック機能を使用すると、任意のバージョンを復元することができます。いつでも作業環境を戻すことができます。

コンフリクト解決

開発者の作業を手動で同期中に、システムでコンフリクトが発生する場合があります。 Kenticoの継続的インテグレーションでは、コンフリクトの検出に続き、変更を上書きするのではなく、ソース管理内の任意のコンフリクトを解決することができます。大勢の開発者が同じプロジェクトでそれぞれの作業を損失なしに自動で同期させることができます。

オブジェクトのフィルタリング

Kenticoの継続的インテグレーションは、対象としたいオブジェクトのみを選択することができます。これは、パフォーマンスを向上させることになりますし、特定のプロジェクト要件にそって作業するときには、より効率的にすることができます。毎回、全ての要素を継続的に同期する必要はありません。

安定して読み込めるXMLファイル

Kenticoの継続的インテグレーションの過程で、安定して読み込めるXMLファイルを使用することで、開発チーム間の生産性の向上を可能にし、よろ迅速に変更をマージできます。

TFS, GIT, VS, 任意の CI サーバーをサポート

Kenticoの継続的インテグレーションは、あなたが使用するソース管理のツールを限定しません。KenticoはTeam Foundation Server (TFS), GITソース管理, Visual Studio, そして任意のCIサーバーの使用を完全にサポートしています。

開発チームコラボレーション

継続的インテグレーションを使用することにより、Kenticoはローカルマシンに保存されている全てのデータの問題を取り除きます。ローカルで行われた全てのコードとデータの変更はソース管理に格納され、他のメンバーは開発プロセスを継続するためにいつでもアクセスできます。個々の開発者で軽減された依存関係とソース管理による自動同期を組み合わせると、最大約30%の開発時間を短縮します。

お試ししましょう