認証

Kenticoを使用すると、認証システムのさまざまな方法を使って訪問者を認証することができます: .NETフォーム認証、Windows認証、Facebook、LinkedIn、Live ID、そして OpenIDアカウント。または、独自のユーザーデータベースまたは認証システムを統合することができます。

フォーム認証

フォーム認証は、名前とパスワードでKenticoのデータベースに格納されているユーザーを認証することを可能にする標準的なASP.NETのセキュリティ・メカニズムを使用しています。

Windows認証とActive Directory統合

もし、イントラネットやエクストラネットを作成して、ユーザーがWindowsドメインにログオンしている場合、あなたはWindows認証用の組み込みサポートを利用することができます。この場合、ユーザーはKenticoがWindowsの識別情報とユーザー名に基づいて認識することができるので、再度サインインする必要はありません。ユーザーが最初に訪問したときにグループが自動的にKenticoにインポートされます。

また、Active Directoryのインポートツールを使用して、あなたのActive DirectoryからKenticoにユーザーアカウントとグループを定期的な同期を設定することができます。 このツールはあなたが選択することができます。

  • どのユーザー/ロールをインポートするか
  • どのADフィールドをKenticoのユーザー詳細にマッピングするか
  • あなたがアイテムを作成、更新mまたは削除するかどうか

ソーシャルネットワーク認証

Kenticoは、Webサイト上で別途ユーザーアカウントを作成せずに、既存のFacebook、LinkedIn、LiveID、OpenIDの認証情報を使用してサイト訪問者を認証することを可能にします。

クレームベース認証

Kenticoは、アプリケーションがユーザーに関するID情報を取得し、ユーザーおよびロール管理のための中心点を提供することにより、愛店ティティ管理の余分を現象させる方法を定義するクレームベースのメカニズムをサポートしています。この認証モデルは、1つのドメインでの認証と同じアイデンティティ・プロバイダ(オンプレミスまたはクラウドで実行されている)を信頼する他のすべてのドメインへのアクセスを獲得することができます。その結果、ユーザーは別のドメインのために複数のアカウントを作成し、アプリケーションやサービスにアクセスするたびに資格情報を提供する必要がありません。

マルチファクタ認証

Kenticoは、Kentico認証と呼ばれるモバイルアプリケーション、またはカスタム認証要素と組み合わせた古典的なフォーム認証を使用したマルチファクタ認証方式(例えば電子メール、SMSなど)を提供しています。Kenticoは、ユーザー名とパスワードのようなユニークな資格情報を組み合わせて生成した特別なパスコードでユーザーの身元を確認します。 この方法を使用する主な利点は 不正ユーザーによるあなたのWebサイトへのアクセスがより困難になります。

カスタム認証

あなたの認証サービスまたは既存のユーザーデータベースに対してユーザーを認証するための独自のメンバーシッププロバイダを作成することができます。

お試ししましょう